NEW !
第6回 全日本拳法選手権大会 試合結果
開催日: 平成29年 2月26日
主催: 公益財団法人 全日本拳法連盟
後援: スポーツ庁 防衛省
場所: 国立代々木競技場・第2体育館
優勝
文部科学大臣杯
陸上自衛隊 第1普通科連隊A 
準優勝: 陸上自衛隊 第1普通科連隊B
三位: 陸上自衛隊 第13普通科連隊
最優秀選手賞
  防衛大臣杯
猪俣領二 四段  (陸上自衛隊 第1普通科連隊A)
殊勲賞: 齋藤 晶  初段  (陸上自衛隊 第1普通科連隊B)
敢闘賞: 永尾大地 二段  (陸上自衛隊 第13普通科連隊)



第5回 全日本拳法選手権大会 試合結果
開催日: 平成28年 2月11日
主催: 公益財団法人 全日本拳法連盟
後援: 文部科学省 防衛省
場所: 国立競技場・代々木第2体育館
優勝: 陸上自衛隊 第1普通科連隊A (東京都)
準優勝: 陸上自衛隊 滝ヶ原拳法部A (静岡県)
三位: 陸上自衛隊 第1空挺団A (千葉県)
最優秀
  選手賞
高橋龍太 二段  (陸上自衛隊 第1普通科連隊A)
殊勲賞: 佐藤典英 三段  (陸上自衛隊 滝ケ原拳法部A)
敢闘賞: 鳥海洸史 三段  (陸上自衛隊 第1空挺団A)


第1回 全日本拳法体重別選手権大会 試合結果
開催日: 平成27年 6月27日
主催: 公益財団法人 全日本拳法連盟
後援: 文部科学省 防衛省
場所: 墨田区総合体育館 武道場
軽量級
優勝: 橋本周平 早稲田大学 (東京)
準優勝: 杉山翔也 第1普通科連隊 (東京)
第三位: 今田 剛 第20普通科連隊 (山形)
軽中量級
優勝: 細川純平 第32普通科連隊 (埼玉)
準優勝: 黒岩博和 第16普通科連隊 (長崎)
第三位: 柴田聖歩 滝ヶ原拳法部 (静岡)
中量級
優勝: 法島政文 第1普通科連隊 (東京)
準優勝: 堀内将志 戦車教導隊 (静岡)
第三位: 安西浩一 第32普通科連隊 (埼玉)
重量級
優勝: 橋本明廣 第32普通科連隊 (埼玉)
準優勝: 猪俣領二 第1普通科連隊 (東京)
第三位: 棚原雅巳 第1普通科連隊 (東京)
超重量級
優勝: 千田吉則 第20普通科連隊 (山形)
準優勝: 加賀慎吾 第20普通科連隊 (山形)
第三位: 清水直人 第1普通科連隊 (東京)
文部科学大臣賞
橋本周平 (軽量級優勝)
防衛大臣賞
法島政文 (中量級優勝)


第4回 全日本拳法選手権大会 試合結果
開催日: 平成26年 9月23日
主催: 公益財団法人 全日本拳法連盟
後援: 文部科学省 防衛省 御殿場市
場所: 静岡県御殿場市体育館
優勝: 陸上自衛隊 第1普通科連隊 (東京都)
準優勝: 陸上自衛隊 第1空挺団 (千葉県)
三位: 早稲田大学(東京都)
最優秀
  選手賞
法島政文 三段  (陸上自衛隊 第1普通科連隊)
殊勲賞: 鳥海洸史 二段  (陸上自衛隊 第1空挺団)
敢闘賞: 石田勝希 三段  (早稲田大学)


第3回 全日本拳法選手権大会 試合結果
開催日: 平成26年 3月23日
主催: 公益財団法人 全日本拳法連盟
後援: 文部科学省 防衛省
場所: 国立代々木競技場 第2体育館
優勝: 陸上自衛隊 第1空挺団 (千葉県)
準優勝: 陸上自衛隊 第1普通科連隊 (東京都)
三位: 明治大学(東京都) 陸上自衛隊滝ケ原拳法部(静岡県)
殊勲賞: 黒木隆次 四段  (陸上自衛隊 第1空挺団)
敢闘賞: 大貫洋平 三段  (明治大学)
技能賞: 谷古竜也 二段  (陸上自衛隊第1普通科連隊)


第2回 全日本拳法選手権大会 試合結果
開催日: 平成25年 3月31日
主催: 公益財団法人 全日本拳法連盟
後援: 文部科学省 防衛省
場所: 国立代々木競技場 第2体育館
優勝: 第1普通科連隊A
準優勝: オール関西大学
三位: 陸自滝ケ原拳法部 全早稲田大学
殊勲賞: 林 篤生 (第1普通科連隊A)
敢闘賞: 友中 貴広 (オール関西大学)
技能賞: 田代 正博 (陸自滝ケ原拳法部)


第1回 全日本拳法選手権大会 試合結果
開催日: 平成24年 3月20日
主催: 公益財団法人 全日本拳法連盟
後援: 文部科学省 株式会社テレビ朝日
場所: 国立代々木競技場 第2体育館
優勝: 第1普通科連隊
準優勝: 全早稲田大学
三位: 第1空挺団 オール関西大学
殊勲賞: 法島 政文 (第1普通科連隊)
敢闘賞: 中川 翔太 (全早稲田大学)
技能賞: 谷村 周治 (オール関西大学)